ブランクありの看護師が求人を探すコツ

ブランクありの看護師が求人を探すコツ

LINEで送る

職場の雰囲気

結婚や出産を機に一度看護師の仕事を辞めて、子育てが落ち着いた頃に復職する人もいます。しかし、ブランクがある人にとって人間関係をはじめとした職場の雰囲気は非常に気になるところです。看護師の経験があるとはいえ、現場から離れていた期間が長ければ「仕事に慣れることができるのか」と不安に思ってしまうからです。人間関係が良好で雰囲気の良い職場なら、仕事を優しく教えてくれたりフォローしてくれたりするので安心ですが、ギスギスして雰囲気が悪い職場だと分からないことがあっても気軽に質問できる雰囲気ではないため、仕事に慣れるどころか辞めたくなってしまう可能性もあります。
ブランクから復職する場合、どうしても「仕事に早く慣れること」を優先してしまうため教育制度がしっかり整っているところを選びたくなってしまいますが、働きやすさを考えたら職場の雰囲気も重要です。条件だけを見るのではなく、職場環境もしっかり確認しましょう。

配属先の指定

医療業界は常に進化しているため、ブランクの間に新たな技術やルールができていることがあります。スムーズに仕事をするためには早く仕事を覚えられる環境がベストですが、病院に復職する場合、配属先が指定できるかどうかも重要になってきます。たとえば、ブランク前に内科で働いていた場合、同じ内科に配属された方が仕事に早く慣れることができますし、新たなルールも覚えやすくなります。ですが、経験がない診療科だと仕事を覚えると同時に新たなルールも覚えていかなければならないため、スムーズに仕事をするためには時間がかかってしまいます。

育児中のママ看護師が働きやすい職場は?

育児中の看護師にとって気になるのが子どもの預け先です。近年は保育園の入園希望者が多いのですんなりと入園できるとは限りません。しかし、院内託児所が設置されているところなら悩むことなく預け先を確保できますし、同じ敷地内に設置されていることが多いので、休憩時間や急用があるときには気軽に様子を見に行けます。
また、仕事と家事・育児を両立させたい人にとっては「定時で帰宅できるかどうか」も重要なポイントです。託児所や保育園に預けている場合はお迎えの時間がありますし、残業になれば家事に割く時間が少なくなってしまうからです。
仕事と育児・家事を両立するためにはこのような条件をクリアしなければいけませんが、何よりも重要なのは「理解のある職場かどうか」ということです。子どもが熱を出したときや学校行事でシフトの調整が必要なとき、ママ看護師が多い職場なら共感が得られるので急に休んでも理解してもらえますが、子育て経験がない人が多い職場なら陰口や嫌味を言われてしまうことがあります。いくらママ看護師が働きやすいように環境や体制が整っていても、周囲の理解が得られない職場では働きやすいとは言えないでしょう。

転職活動を始める前にチェック!

  • 内定率を上げるポイント

    応募倍率が高い職場への転職を成功させるポイントは内定率を上げることです。特に応募書類はケアレスミスをしやすいので、書類の形式や記入事項を何度もチェックしてミスがないことを確かめてから提出するようにしましょう。また、面接では接遇力も見られているので態度や言動にも注意が必要です。

  • 数ある診療科の中でも人気なのは

    たくさんある診療科の中でも特に人気があるのが「皮膚科」「内科」「小児科」ですが、診療科ごとに仕事内容や働き方は異なります。労働条件だけを重視するのではなく、「何を目指すのか」を明確にしてから選んだ方が本当に自分に合う職場を見つけることができます。

転職の極意がここにある

転職や復職を考えている人に向けて、環境の整った働きやすい職場やその職場に転職するコツを紹介しているサイトです。当ウェブサイトについて、ご不明な点やご質問がある場合はこちらの【お問い合わせ先】よりご連絡ください。