内定率を上げるポイント

内定率を上げるポイント

LINEで送る

内定率を上げるには

看護師は内定率が高めと言われていますが、100%ではありません。希望する条件に合う職場が見つかっても不採用になってしまうこともあります。ここでは内定率を上げるために注意しておきたい点をまとめていくので、参考にしてみてください。
内定率を上げるためには「不採用になる要素を減らす」ことが大切です。「履歴書や職務経歴書などの応募書類に不備がないか」「採用試験の面接で失敗していないか」など、不採用となる要素を排除していきましょう。

まずは応募先の採用試験の項目を確認する

応募する前に「応募するのに必要な種類」「採用試験の形式(面接のみかどうか)」「筆記試験や小論文の有無」を確認しましょう。
履歴書だけのところ、職務経歴書や面接希望シートが必要なところ、など応募先ごとに応募書類の種類が異なります。「応募書類が足りなくて書類選考で不採用になってしまった…」とならないように注意してください。また、面接の質問内容や小論文のテーマ、筆記試験の出題範囲などが事前にわかっていれば採用試験の対策もできるので、採用試験がどのような内容なのかも確認しておきましょう。

応募書類はケアレスミスに注意!

応募書類は経歴や志望動機が主にチェックされます。誤字脱字がないか、内容が適正かどうかを細かく確認しましょう。先述したように履歴書のサイズや形式、看護師免許の写しのサイズが指定されている場合もあるので、誤字脱字や書類形式にミスがないか何度も確認してから提出してください。

面接は事前に対策を立てておく!

面接は「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるように答えることがポイントです。事前に応募先の特徴や仕事内容を入念に調べておきましょう。ある程度、応募先の情報を知っておけば質問されても落ち着いて対応できますし、こちらから気になることを質問できるので入職後のミスマッチを防げます。

接遇力も見られている

最近は患者さんとの信頼関係を築きやすくするために、接遇に力を入れているところが増えてきています。そのため、経歴が良い人よりも笑顔でしっかり受け答えができる人や敬語を上手く使える人を積極的に採用する傾向があります。
接遇マナーのチェックリストを下記に紹介しておくので、接遇に自信がない人はぜひ参考にしてみてください。

  • 患者さんに対する接遇マナーが30項目紹介されています。言葉遣いだけでなく視線や身だしなみなど細かくチェックできるようになっています。

また、看護師の転職では面接の前後に職場見学をすることが多いのですが、接遇力を見られていることも多いので気を抜かず笑顔で対応するようにしましょう。

転職活動を始める前にチェック!

  • 内定率を上げるポイント

    応募倍率が高い職場への転職を成功させるポイントは内定率を上げることです。特に応募書類はケアレスミスをしやすいので、書類の形式や記入事項を何度もチェックしてミスがないことを確かめてから提出するようにしましょう。また、面接では接遇力も見られているので態度や言動にも注意が必要です。

  • 数ある診療科の中でも人気なのは

    たくさんある診療科の中でも特に人気があるのが「皮膚科」「内科」「小児科」ですが、診療科ごとに仕事内容や働き方は異なります。労働条件だけを重視するのではなく、「何を目指すのか」を明確にしてから選んだ方が本当に自分に合う職場を見つけることができます。

転職の極意がここにある

転職や復職を考えている人に向けて、環境の整った働きやすい職場やその職場に転職するコツを紹介しているサイトです。当ウェブサイトについて、ご不明な点やご質問がある場合はこちらの【お問い合わせ先】よりご連絡ください。