数ある診療科の中でも人気なのは

数ある診療科の中でも人気なのは

LINEで送る

看護師の仕事内容は診療科によって異なる?

診療科によって仕事内容や必要なスキルは異なります。それは医療処置や緊急度が診療科ごとに違うからですが、仕事内容によって忙しさも変わるため人気にも偏りがあります。看護師に人気がある診療科はどこか、詳しく見ていきましょう。

皮膚科

入院施設がある病院には必ず夜勤があります。夜勤は日勤に比べて仕事内容がハードですし、回数が多いと身体に負担もかかるため悩んでいる看護師は少なくありません。しかし、反対に、夜勤が少ない診療科は身体の負担が少ないため人気が集中する傾向があります。その中でも外来診療が中心となる皮膚科は、入院患者さんの数も少なく夜勤があってもそれほど大きな負担になるわけではないので、時間の都合をつけて働きたい人や夜間に家を空けたくない主婦から高い人気を得ています。

内科

労働条件ではなく仕事内容で人気を得ているのが内科です。内科は消化器や呼吸器、循環器などの治療に携わり、外科的な手術ではなく投薬や生活習慣の指導で症状の改善を目指している診療科です。内臓器官全般の知識は必要ですが、経験が浅くても十分に務まります。他の診療科とも連動することがあるので幅広く知識が得られるとあってゆっくり経験を積みたい人からの人気が高くなっています。
また、内科はがん治療も行っていますが、発症部位が多岐に渡るため患者さんの数が比較的多いです。さらに、病状に応じて慢性期から急性期の緩和ケアまで幅広く処置を行うので看護師として様々な経験が積めます。

小児科

子ども好きの看護師に人気があるのが小児科です。子どもの体は大人の体とはメカニズムが違い、非常にデリケートなので通常の診療科とは違う処置をします。小児科は人手不足なので1人ひとりにかかる負担は大きくなってしまいますが、ただ処置をするのではなく、成長途中にある子どもたちのこれからの生育に影響がないように治療を行うので、看護スキルだけでなく気遣いなども学べます。また、小児科は子どもがかかる症状全般を診るので幅広い知識が身につきます。そのため、子ども好きな看護師だけでなく、スキルアップを目指す看護師にもおすすめです。

診療科はどうやって選ぶ?

診療科ごとに特徴や仕事内容、働き方が異なるため、どこを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。まずは、「自分が看護師として目指す目標とは何か」を定めましょう。「幅広い専門知識を身につけたい」「専門的な知識を深めたい」「患者さんとしっかり向き合った看護がしたい」など、目指すべき点が定まっていれば、おのずとどの診療科を選べばいいのか見えてくるはずです。人気の高い診療科はある程度限られていますが、自分がどの診療科に合うのかをきちんと分析し、条件だけで選ばないようにすることが大切です。

転職活動を始める前にチェック!

  • 内定率を上げるポイント

    応募倍率が高い職場への転職を成功させるポイントは内定率を上げることです。特に応募書類はケアレスミスをしやすいので、書類の形式や記入事項を何度もチェックしてミスがないことを確かめてから提出するようにしましょう。また、面接では接遇力も見られているので態度や言動にも注意が必要です。

  • 数ある診療科の中でも人気なのは

    たくさんある診療科の中でも特に人気があるのが「皮膚科」「内科」「小児科」ですが、診療科ごとに仕事内容や働き方は異なります。労働条件だけを重視するのではなく、「何を目指すのか」を明確にしてから選んだ方が本当に自分に合う職場を見つけることができます。

転職の極意がここにある

転職や復職を考えている人に向けて、環境の整った働きやすい職場やその職場に転職するコツを紹介しているサイトです。当ウェブサイトについて、ご不明な点やご質問がある場合はこちらの【お問い合わせ先】よりご連絡ください。